スポンサーサイト

2017.12.30 Saturday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    幸せなリタイアを迎えるために

    2018.01.06 Saturday

    1

     

     

    あっという間に40代を迎え、これからの自分の働き方や職業人生について意識が向き始める場面が増えてきました。世話しない毎日

    に追われる身だからこそ、立ち止まって自分の現状と今後の方向性に思いを寄せる必要があると思っています。なかなか思うように

    進められないジレンマを感じていた矢先、新聞広告でお気に入りの佐藤優氏が上梓した一冊を知り、早速購入して読み始めました。

     

    まずは、当然のことながら自分の現状を正確に把握することの重要性を改めて認識。結婚して子供がいる場合には、高騰する教育費

    と右肩下がりの収入の狭間で、住宅購入をどうするのか。シングルの場合には、高齢になった際のケアと経済的な問題。何かと先送

    りにしがちな問題ですが、現実として向き合わなければならないことを痛感させられる結果に。頭が痛いですが、動き出さねば…

     

    加えて、会社外で自分の居場所と人との繋がりを築く必要性も説かれています。実は一昨年あたりから、読書会に参加して自分も

    そういう場を持ちたいと思ってきましたが、未だに実現せず。職場での慣れた業務の繰り返しで硬くなった頭を柔らかくするため

    に、勉強する機会を求めて大学や自治体の市民講座を活用して、第一歩を始めるのも良いかもしれないと考えるようになりました。

     

    40代は、部下との関係でも色々と思い悩む世代。自分の業務にも追われる状況で、思考形態が異なる若い世代を理解して成長させる

    ミッションも課せられています。部下に求める第一のポイントが、「論理力」であることに共感。圧を掛ける必要性もありますが、

    基本的に相談(サーバント)型上司が今後求められる姿であることには、異論を感じる方々も少なくないのではないでしょうか…

     

    自分のメンターとなる存在を見つけることの重要性には、納得できる思いが。実はこれが一番難しいことだと思いますが、会社内に

    限定されることなく、地域の繋がりに気軽なメンターを見つけることもできる点は、意外と見過ごされがちかも。特に女性は、そち

    らの方が見つけやすいのでは。おこがましいかもしれませんが、僕にとってのメンターは佐藤優氏にしたいと思いました。

     

    それにしても、現代は時間泥棒が跋扈する時代であることを再認識せざるを得ませんでした。SNSやスマホいじりに時間を取られ、

    自分を高めたり見つめ直したりする時間が知らぬ間になくなる怖さ。そこから距離を置く時間や場所を確保することが、自分らしい

    幸せを手にする起点になることを実感。周囲の人々を幸せに導ける存在になることを目標にしていきたいと思いました。

     

     

     

    スポンサーサイト

    2017.12.30 Saturday

    0
      コメント
      コメントする